楽天モバイルの楽天でんわ評判は!通話料金の比較!

楽天モバイルの楽天でんわ評判は!通話料金の比較!

格安スマホとdocomo、au、Softbankのスマホの大きな違いは何でしょうか。
それは、格安スマホには通話し放題プランが無いことです。

 

通話すれば通話した分、追加で料金が掛かります。いくら月額料金が安くても、頻繁に長時間にわたる通話をする人であれば、その分の通話料が上乗せされていきます。
その場合、格安スマホに変えることで、逆に毎月支払う料金が高くなってしまう可能性があります。これが格安スマホの落とし穴といってもいいかもしれません。

 

 

では、どのくらい通話を使用する人が、格安スマホに変えるべきなのでしょうか。格安スマホに変えるべき人と変えない方が良い人の境界はどこにあるのでしょうか。楽天モバイルを例にご紹介していきます。

 

まず、自分が毎月どのような用途でどのくらいの時間にわたって電話をしているか考えましょう。

“実家の両親と1週間に1度、30分程度。”
“1回に付き5分程度だけど、毎月合計3時間ほど通話している。”
“遠距離恋愛の彼女と毎日2時間通話する。”

 

人によって電話の使用用途と時間はさまざまだと思います。
次に、それらの通話を、LINEやSkypeの無料通話で代替できないか考えてみましょう。

 

実家の両親との電話であれば、どちらかの親がスマホを持っていればLINE電話によって無料で話せますよね。たとえスマホが無くても、PCと対応機器があればSkypeも利用できます。

 

仕事でクライアントと連絡する際は、「連絡をLINE電話にしたい。」とは言いにくいですね。というか、言えないですよね。この場合は、通話機能を使うしかありません。

 

彼女との電話であれば、ほとんどの場合がLINE電話で済みます。
LINEやSkypeでの通話は無料ですから、これらで代替可能な通話は考えなくてOKです。

 

通話料の計算

次に、通話料の概算を計算します。
楽天モバイルの通話料は国内であれば、30秒につき20円です。

 

たとえば、上述の例で言えば、LINEやSkypeなど無料通話で代替できないパターンは、仕事で1回に付5分程度の通話を毎月合計3時間ほど使用する場合でした。
その際の1か月の通話料は、3(時間)×3600(秒/時間)÷30(秒)×20(円/30秒)=7,200(円)です。

 

たった3時間の通話でも、これだけ大きな金額になってしまいます。
私が以前docomoのスマホを使っていた時の月額料金が”データ通信量2G+通話し放題”で8,000円弱でした。

 

楽天モバイル3.1Gプランの月額料金が1,600円です。
これに、さきほどの通話料を上乗せして合計金額を計算すると、1,600+7,200=8,800 円になります。
つまり、1か月に合計3時間以上通話すると、楽天モバイルの月額料金の方が高くなってしまうのです。

 

楽天でんわのメリット

それでは、LINEやSkype以外の通話を毎月2〜3時間以上する人は、楽天モバイルに変えると逆に損をするのでしょうか。そうとも言い切れません。

 

なぜなら、楽天モバイルには『5分かけ放題オプション』というオプションがあるからです。

 

月額850円で、5分以内の国内通話は全て無料になります。
5分以上の通話をした場合も、通話料が半額の30秒10円になります。

 

楽天でんわは他社でも利用可能ですが、『5分かけ放題オプション』は楽天モバイルの加入者のみです。

 

さきほどの例で、この『5分かけ放題オプション』を利用することを考えると、
1回につき5分程度の通話を毎月合計3時間ですので、
月額料金が、1,600+850=2,450 円となります。

 

こちらの場合は、現在docomo、au、Softbankのスマホで毎月7000〜8000円かかっている人であれば、楽天モバイルに変えることでお得になりますね。

 

ただし、これは1回の通話が5分以内で済む場合を想定していました。
たとえば、毎月1回3時間ほどの通話をする場合であれば、どうでしょうか。

 

『5分かけ放題オプション』を利用すると、3時間=180分−5分=175分間の通話に対して30秒10円の通話料がかかります。
通話料の合計は175(分)×60(秒/分)÷30(秒)×10(円/秒)=3500円です。
 
3.1Gプランと合わせた月額料金は、1,600+850+3,500=5,950 円になります。

 

オプションを使うと、どちらの場合でも楽天モバイルの方がお得になりますね。

 

楽天でんわはアプリですが、通常の電話回線なので音声も口コミ、評判は高いです。
これまでのキャリアと変わりありません。 スマホ、携帯電話、固定電話にも使えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
毎月の通話料がどれだけ掛かるかは、格安スマホに乗り換えることで、どれだけお得になるのか計算する上で重要なポイントです。LINEやSkypeで賄える人は、迷わず格安スマホを選びましょう。

 

5分以内の短い通話が多い人や月に3時間程度の通話であれば、
楽天でんわの『5分かけ放題オプション』の利用で月額料金がお得になります。

 

楽天でんわ請求画面 

楽天でんわでは料金の通話時間から発生した料金まで、随時マイページで確認ができるようになっています。

 

 

他のMVNOでも、アプリの利用で30秒10円になるサービスは有りますが、5分以内かけ放題のサービスはなかなか有りません

 

少しでも電話を使う人は『5分かけ放題オプション』が使える楽天モバイルを選びましょう。