評判を検証する!楽天モバイルに乗り換えたわかった事

格安スマホは遅い。そんな口コミをインターネット上で目にすることがあります。
「なんだ、やっぱり料金が安いのは電話やデータ通信の質が落ちるからなんだ。」と思ってしまうかもしれませんね。

 

しかし、そう結論を出してしまうのは少し早合点です。
たとえ、本当にある程度通信速度が落ちたとしても、自分の実感として気が付かない程度であれば、月額料金の安い格安スマホにした方がお得ではないでしょうか。

 

実際、格安スマホに乗り換えても、通信速度が気になることなく、今まで通り使えている人もたくさんいます。
しかし、一方で格安スマホに変えてから通信速度が遅くなったことを実感して、ストレスに感じてしまう人もいます。

 

さて、楽天モバイルはdocomo、au、Softbankのスマホよりも通信速度が遅いのでしょうか。
今回の記事では、通信速度が速い、遅いはどのようにしておこるのか。そして楽天モバイルの通信速度についてご紹介いたします。

 

回線速度の問題

楽天モバイルを始め、数多く存在するMVNO各社の大多数はドコモの電波を利用してデータ通信を行います。それなのに、なぜdocomoのスマホよりも通信速度が遅くなったと言われるのでしょうか。

 

実は、同じ格安スマホでも、すごく遅い格安スマホと、そんなに遅くない格安スマホがあるのです。

 

MVNOの通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」という2種類の要因によって変わってきます。聞きなれない言葉なので、「?」となる人も多いと思います。

 

「回線帯域の太さ」というのは、“最大何人くらいの人がインターネットを利用できるようにしていますよ”という目安です。一般的に、通信速度は、その回線を利用する人数に反比例すると言われています。多くの人がインターネットを利用していれば、通信速度が遅くなってしまうのです。

 

しかし、回線帯域が太ければ、インターネットを使用する人が増えてもスピードが低下しにくくなります。この回線帯域の太さは、MVNO各社で異なります

 

 

2つ目の要因が「通信設備」です。ドコモの電波を使用するMVNOであれば、電波塔など設備を自社で建てる必要はありません。ただし、ドコモの電波を使えるようにするための装置が必要となります。この装置の処理能力が低いと、混雑した時に処理に時間がかかってしまうと言われています。なので、これら2つの要因をしっかりクリアしているMVNOの格安スマホを選ぶ必要があります。

 

 

たしかに、「回線帯域の太さ」と「通信設備」をしっかり整備しているMVNOの格安スマホの方が、通信速度が落ちにくいです。しかし、これら2つの要因をどこで確認することが出来るでしょうか。楽天モバイルを含むMVNO各社はこのような情報を公開していません。
よって、“結局、使ってみるまで分からない”ということになります。

結局!楽天モバイルの速度はどうなの?

私は楽天モバイルに乗り換える前に通信速度の評判をサイト、口コミ、など色々と調べました。

 

楽天モバイルは通信速度はMVNO中で速いからオススメ!っという意見もあれば、
今は、楽天モバイルは通信速度は遅いからやめておいたほうがいいっという意見もあります。

 

それで、乗り換えてみたのです。
確かに、昼など利用者が多い時間帯は、ドコモを使っていたときより、少しながら重たさはありました。これは自分で重いかな?っと意識していたから気づいたのかもしれません。ネットサーフィンをするのなら気にならないレベルでした。なので昼間は動画やダウンロードは厳しいかもしれません。

 

逆にそれ以外の時間帯は、ドコモと変わりありませんでした。

 

 

まとめ

 

通信速度は契約者数などで日々移り変わっていきますので、
今はここの会社が通信速度が速い!
っと噂が流れ、利用者が多くなれば、当然、速度が落ちてきます
逆に利用者が多く、通信速度が遅いままにしておくMVNO会社もないでしょう。

 

楽天モバイルはMVNO中でも1位、2位を争っています。
利用者が多ければ(儲かる)=通信インフラにもお金がかけれますよね^^;

 

 

今でも、ストレスを感じることなく利用していますが、これから先も問題ないと思います。