解約金を発生しても格安スマホに乗り換えた方がお得?

解約金を発生しても楽天モバイルに乗り換えた方がお得

違約金が発生しても楽天モバイルに乗り換える方がお得に

 

「楽天モバイルに興味があるけど、最近更新月を過ぎたばかり。」
「解約金がかかるから、更新月までは楽天モバイルに変えられない。」そのような声をよく耳にします。

 

docomo、au、Softbankのスマホにみられる2年に1度しか無料解約できない2年契約の自動更新制度、通称“2年縛り”は、なかなか厄介な制度です。

 

確かに、ただ解約するだけなのに1万円近く取られるのは馬鹿らしいですよね。
しかし、更新月まで待とうと思っている内に、ついつい更新月に解約しそびれてしまう。

 

そして、また2年間解約出来ない・・・という事態にもなりかねません。
なにより、月額料金が半額以下になる格安スマホがどんどん普及しつつある中、更新月まで高額なスマホ料金を支払い続けるのは逆に勿体ないかもしれません。

 

今回の記事では、docomo、au、Softbankのスマホから、どのタイミングで楽天モバイルに乗り換えるのが一番お得なのかをご紹介いたします。

 

あなたが、現在docomo、au、Softbankのスマホを使用しているとします。
そして、更新月はまだしばらく先だとします。
この時に思い切って楽天モバイルに乗り換えるべきでしょうか、それとも更新月を待つべきでしょうか。

 

答えは明快です。
今のスマホと楽天モバイルの月額料金の差額に更新月を掛けた合計金額が、解約金と端末残金の合計金額を上回った場合、あなたは今すぐに楽天モバイルに乗り換えるべきです。

 

逆に、月額料金の差額合計金額が解約金と端末残金の合計金額を下回った場合、更新月までそのまま待つべきです。

 

言葉で説明しても分かりにくいので、具体的な例を提示していきますね。
私が以前使っていたdocomoスマホの条件で実際に計算してみます。

docomoのスマホを2GB・通話し放題プランで月額約8,000円支払い
端末(月額2000円)
スマホの用途は、主にLINEとアプリくらい、時々googleで調べものもする。
電話はほとんど使っていませんでした。そして、更新月は1年後というタイミングで、楽天モバイルに乗り換えました。この時の計算方法を再現していきます。

 

まずは、解約金の金額と更新月の確認をします。
docomo、au、Softbankにおける解約金の金額は、一般的なプランを使用している場合、一律9,500円です。

 

更新月は、web上のマイページで確認することが出来ます。

“ご契約内容の確認・変更”欄に“現在までのご契約期間”が「○○年△△ヵ月」、“更新月”が「★★年◇◇月1日から◎ヶ月間」という記載が有ったり、「★★年◇◇月が契約満了月」という記載が有ったりするはずです。

多くの場合、契約満了月が更新月になります。
不安な場合は、電話でお問い合わせしたり、直接ショップの店員さんに聞いたりして確認しておきましょう。

 

さて、解約金と更新月を確認したら、さっそく計算に入ります。
この計算では、

 

“現在のdocomo、au、Softbankのスマホを更新月まで使い続けた場合”
“すぐに楽天モバイルに乗り換えた場合”

 

更新月までにかかるスマホ料金の差額を求めます。

 

まずは、現在のdocomo、au、Softbankスマホの月額料金と楽天モバイルの月額料金を出します。
現在のdocomo、au、Softbankのスマホ月額料金に関しましては、先ほどの設定どおり“約8,000円”とします。皆さんは普段自分が支払っている料金で計算してくださいね。

 

次に楽天モバイルの月額料金です。
ドコモのデータ通信量2GBプラン、楽天モバイルの3.1GBプランの月額料金をみます。
3.1GBの月額料金は1,600円です。人によっては、5GBプラン、10GBプランの月額料金を参考にしてくださいね。
そして今回は、“5分かけ放題オプション”は付けません。5分以内の電話が多い人は、オプション代850円を月額料金に加算しましょう。この条件で差額を算出します。簡単ですね。

 

(ドコモ)8,000 -(楽天)1,600=6,400 円です。

 

楽天モバイルに乗り換えた場合、毎月6,400円もの金額が浮きます。
更新月まで1年=12か月の設定ですので、これを12倍します。
6,400×12=76,800 円です。

 

ものすごい金額になりました。
楽天モバイルに変えるのを1年間待つだけで、これだけの金額を無駄にしてしまっているのです。

 

次に、すぐに楽天モバイルに乗り換えた場合に掛かる費用を算出します。
この時の費用も、その人の利用状況により異なります。

 

しかし、大きく考えるべき点は2つです。
1つ目が解約金、2つ目が端末残金です。

 

解約金は、9,500円と考えます。
端末の残金は、今あなたが使用している端末の種類や購入時期、購入店舗によって異なります。ものによって、500〜4,000円/月くらいの幅があります。ここでは、設定どおりに2,000円としておきます。一括で最初に支払ってしまった人は、そもそも端末残金が発生しませんのでご注意ください。よって、これらの費用を合計すると、

 

(解約金)9,500+(端末)2,000×(12ヶ月)12=33,500 円になります。

 

楽天モバイルに乗り換えた場合、月額料金は下がりますが、最初に解約金と端末残金を合わせた33,500円を支払う必要があります。

 

最後に、料金の比較を行います。
現在のdocomo、au、Softbankのスマホを使い続けた場合、76,800円分損をします。
一方、すぐに楽天モバイルに変えた場合は解約金や端末残金が最初にドバっとかかります。
その負担額が33,500円でした。

 

そして、その差額は、76,800-33,500=43,300円です。
つまり、すぐに楽天モバイルに変えた方が、トータルでお得になります。

 

今回は、すぐに楽天モバイルに変えた方がお得になるという計算結果になりました。しかし、条件によっては更新月まで待った方が良い場合もあります。ご自分の現在の月額料金、端末料金、更新月、必要とするデータ通信量を確認して、ぜひ計算してみてください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
楽天モバイルへの乗り換え時期について、少しはイメージが湧きましたでしょうか。
今回のように更新月までdocomo、au、Softbankのスマホを使い続けることで43,300円も余計に払うくらいなら、すぐにでも楽天モバイルに変えた方がお得ではないでしょうか。

 

更新月に変えた方が解約金や端末残金を支払わずに済むので、なんとなく損をしないイメージがあります。
しかし、楽天モバイルは月額料金がかなり下がるので、解約金と端末残金を加味しても、すぐに乗り換えてしまった方がお得になる場合が多いのです。イメージに惑わされずにしっかり計算して、乗り換え時期を見極めましょう。